ライセート感度の確認のゲル状の塊のエンドトキシン検出

2021-06-02

ゲル状の塊Amebocyteライセート試薬 適用範囲が広いエンドトキシン検出について研究を行い品質管理医薬品企業です。

めのエンドトキシン試験精度や有効な、テストを確認識の感度 凍結乾燥Amebocyteライセート試薬 (TAL試薬)を行う場合新しいバッチの凍結乾燥Amebocyte溶解液が使用した試験条件の変化に対し影響を与えうる試験結果です。 同時に、確認のライセート試薬の感度も行っているかチェックオペレータの動作は正しいのか、実験条件を満たすと関連する

をご紹介いたしますの確認方法は感度の凍結乾燥Amebocyteチューブに移します。

1) 解散総合化学院;準備の総合化学院溶液と濃度2λ , λ ,0.5 λ は、0.25 λ . λ こちらではの感性は、凍結乾燥Amebocyteライセートする必要があるか確認します。

2) 準備の18アンプルのBioendo凍結乾燥Amebocyte溶解液;4ついては一線を追加0.1ml総合化学院の溶液濃度の2λ , λ ,0.5 λ は、0.25 λ それぞれ、最後の2つのアンプルは一線を追加0.1mlの水を賭けです。

3) シールのアンプル;アンプル揺れを優しく、水天風呂や乾燥のインキュベーターの温度を37 ℃± 一つ 60 ± 2分です。

4) 報告書ます。 テストの完全性ゲルの各チューブに直接からのインキュベーターや反転では約180 ° 一つの円滑な運動をします。 報告の成果として正の場合はゲルを形成し、勝ち残る情報力を身につけてく受逆イールド幅が拡大している。 その他、報告書の結果として負になります。

この実験では有効である場合、4つのアンプル加2λ として、4つのアンプル加0.25 λ などが報告されてマイナスの2つのネガティブコントロールは負になります。

計算の結果 λ c)以下の式:

λ c=antilog( e/f)

の価値 λ c0.5 λ ~2.0 λ が有効にないことを意味し、感度の凍結乾燥Amebocyteライセートは、一つにラベルなどのバッチのAmebocyte溶解液が合わせることができます。関連細菌のエンドトキシンの検出を行います。

Xiamen Bioendo Technology Co., Ltd.

著作権 © Xiamen Bioendo Technology Co., Ltd. すべての権利予約

 

今すぐチャット

ライブチャット

尊重あなたの指定された要件は、私たちが完全な解決策を作り、あなたにフィードバックを提供するのに役立ちます 迅速に 特に 購入会社 名前 / 電話 / Whatsapp または Wechat < / b> 効率的な コミュニケーションのために。

home

products

company

contact